※本ページはプロモーションが含まれています ゾンビ 映画

「遺体安置室-死霊のめざめ- 」トビー・フーパー監督 あらすじ、感想、レビュー


「遺体安置室 死霊のめざめ」は、「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパー監督作品!

そう聞いただけで期待しちゃうのは私だけでしょうか?(笑)

今回は、「遺体安置室 死霊のめざめ」のあらすじや、キャスト、口コミなどを紹介します。

でも、あんまり聞いたことない題名ですよね・・・

 

面白ランキング



 

『遺体安置室 死霊のめざめ 』 予告編

 

『遺体安置室 死霊のめざめ 』 データ

原題 「Mortuary」
監督 トビー・フーパー
出演 ダン・バード、デニース・クロスビー、アレクサンドラ・アディ、ステファニー・パットン
公開年月 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 95分

 

あらすじ

夫を亡くしたレスリーは、葬儀屋を開業するため、家族でカルフォルニアの田舎町に建つ、かつて葬儀屋だった古い屋敷に引っ越してきた。屋敷の地下室で割れたガラスで手を切ってしまったレスリーは、床に血を数滴滴らせてしまうが、床の排水溝からカビのような黒い粘液が一瞬のうちに伸びて血痕を吸った事には気付かなかった。

レスリーの息子ジョナサンは町のダイナーでアルバイトを始めるが、そこで仲良くなった同僚で店主リタの姪リズとゲイのグレイディから、50年前に屋敷の住人がボビーという奇形の息子を虐待していた事、後にボビーは行方不明になり、その10年後両親が殺害された事、町ではボビーは今でも生きていて屋敷の地下に潜んでいるといわれている事を聞く。

その頃夜な夜な屋敷の墓地に忍び込んでいた町の不良グループ(ティナ・サラ・カル)が、地下墓地に入り込み、そこで何者かに襲われ行方不明になる。

翌日不良たちを捜索しに来たハウエル保安官も地下墓地で襲われ姿を消し、数日後ダイナーに尋常ではない様子で現れたサラとカルは、リタに口から真っ黒な液体を吐きかけ姿を消す。

その夜リズとグレイディを夕食に招待したジョナサンだが、すでにレスリーは仕事中に死体の脱血作業を誤り大量に血液を排水溝に流してしまった事で、血に呼び寄せられた黒カビが操る死体とカビに取り込まれた保安官に襲われ、黒い液体を吹きかけられておかしくなっていたのだった。

襲ってきた母親を振り切ったジョナサンは妹のジェイミーと、リズ、グレイディと屋敷の外へ逃げ出すが、突如現れたボビーに追い立てられ、地下墓地へ避難する。そこで逃げ延びていたティナからボビーが血を黒カビの肥料にしており、サラとカルはボビーに地下の井戸に突き落とされおかしくなったという話を聞く。

地下墓地で保安官に襲われ、再び屋敷に戻って立てこもろうとするジョナサンたちだが、すでに屋敷は黒いカビに覆われつつあり、棺桶からカビに操られた死体が続々と動き初めていたのだった。

ティナも傷口や口からカビが侵入しておかしくなるが、暴れた際に偶然塩を頭から被って消滅してしまい、塩が黒カビの弱点と判明する。

一方一人で隠れていたジェイミーだったが、ボビーは実は引っ越し当初からジェイミーを見初め気に入っていた為、住処に連れ去ってしまう。ボビーはジェイミーをあやすかのような行動をとるが拒絶されてしまう。結局黒カビに操られた人間たちに強要され、ジェイミーは黒いものが蠢く井戸に投げ込まれそうになるが、グレイディを失うも間一髪のところで駆けつけたジョナサンたちの塩攻撃で出来た隙に、ボビーがジェイミーをジョナサンに投げ渡す。そして身代わりにボビーは井戸から伸びた触手につかまれ中へ吸い込まれていく。

塩を井戸に投げ込み、地響きの中辛くも地下から抜け出したジョナサン達。屋敷の外で安堵し倒れこむが…。

<引用先> Wikipedia

 

『遺体安置室 死霊のめざめ 』 感想

『悪魔のいけにえ』『ポルターガイスト』のトビー・フーパーが仕掛ける、戦慄の超絶叫系ゾンビ・ホラー!!!

この宣伝文句だけで見たくなりますよね(笑)

 

乾ききった映像で淡々と残虐な殺人を繰り返す「悪魔のいけにえ」。

レザーフェイスの風貌がなんとも怖かったんですよね。

ほんと、こんなのに出会ったらやばいですよね・・・・・・

足がすくんで動けなくなりそうです(´;ω;`)

 

「ポルターガイスト」は子供のころ見て衝撃的だったな~~~

テレビから出てくるんですよね。幽霊が。

これが、怖くて怖くて・・・・・・

予告編があったんで置いときます。

スピルバーグが製作です。

出演者にいろんな不幸があったとかで、呪われた映画とも言われています。

 

そんな作品を撮った監督なのでどうしても期待しちゃうわけですよ。

 

しかし・・・しかし・・・

予告編を見る限りは、なかなか面白そうな作品なんですが、実際に見てみると・・・・・・

 

なんか、コメディっぽいんですよ。

なんとなくですけどね。(笑)

でも、当然コメディではないので、全体的に微妙な空気が漂います。

恐怖を煽る演出や音楽なんかは、トビー・フーパー監督らしさがでてるんですけどね。

ゾンビも塩で撃退できちゃうとか・・・

死者が蘇るカビや、死体安置所のもう少し説明がほしいところでしたね。

トビー・フーパーも年には勝てなかったのかな?!

評価 

 

「遺体安置室 死霊のめざめ」口コミ・評判

う〜ん・・・。期待しすぎたのかイマイチ駄目でした。正直、ボビーの存在がどっちつかずなんですよね、キャラクターが描ききれていない。きっぱりと謎の黒かびの存在だけで引っ張れば物語に締りが出たと思う。更にロケーションは曰く付きの幽霊物件らしく雰囲気バッチリなのに、ゾンビの魅せ方がユルイので益々残念。

引用先 Amazon

 

トビー・フーバーは本気で作ったのか疑うレベルのつまらなさ。

ちょっとだけカプコンのゲーム「バイオハザード7/レジデントイービル」に似た設定で親近感はありました。

殺人鬼っぽい設定も黒いカビのせいで埋もれてしまい、期待させておいてのガッカリな展開は残念としか言えない。

唯一、ラストのオチだけは良かった。

引用先 Filmarks

 

映画見るなら下記がおすすめ


映画を見るならここがおすすめ!

サブスクで映画見るならここがいいですよ~

 

アマゾンプライム

アマゾンプライムは日々アップデートされるので作品がどんどん増えてます。

今日は何を見ようかな?と楽しめますよ!

アマゾンプライム

 

ABEMAプレミアム



人気映画やアニメの種類が豊富で見放題です!

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】

 

TSUTAYADISCAS



サブスクに無いものも、ここならありますよ!

【TSUTAYA DISCAS】

 

 

応援お願いします!!↓


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

セイ

ゾンビ映画をこよなく愛する管理人「セイ」です。今まで見たゾンビ映画は数知れず。レビューなどを含めて紹介していきます

-ゾンビ, 映画

ゾンビと映画と趣味の部屋をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む