人気記事

アンジェリンの謎

ange

街にはびこる広告看板。

映画や商品の宣伝広告はよく目に留まると思います。

しかし、ここに不思議な看板が・・・

「アンジェリン」と言う名前、グラマラスな女性、謎の電話番号。

この看板ってなんだと思いますか?

 

 

アンジェリンの看板デビュー

アンジェリンの看板デビューは1986年と言われている。

最初に看板が出たのはロス市内のビル。

大きくアンジェリンと書かれ、情勢が横たわっている。そして電話番号・・・

最初はだれも気に留めなかったようだ。

しかし、その看板は徐々にロス市内を侵食し始める。

 

見る人が増えることで、看板に対する疑問があふれ出す。

「誰だ?そして何の看板だ?」

看板が目立つにつれ、興味を持つものが増え電話をする人が続出。

電話をかければ自動応答で『アンジェリン・ファンクラブ』の

加入案内だったという。

なんか怖い・・・

 

莫大なお金をかけたいたずら?

ただの悪戯だという人も多かったが、いたずらにしてはお金がかかりすぎている。

ビルの屋外看板なので、100円や1000円レベルではない。

場所によっては、数十万~数百万はかかる。それなのに、なぜアンジェリンと

いう看板を出し続けるのか?

 

大富豪のいたずら、なんらかのメッセージ、暗号などなど

様々な憶測が流れた。

アンジェリンは本当にいた!

謎の存在として噂されていた「アンジェリン」

1995年、アンジェリンへのインタビューが雑誌に掲載された。

 

アンジェリンはアメリカはアイダホ州に生まれた。

ロックバンドを結成したり、脚本などを書いたりしたが、霊媒師と

出会って人生が一変する。

霊媒師がよんだといわれるマリリン・モンローの霊に使命を与えられたと

言うのだ。アンジェリンこそがモンローの跡継ぎだと。

 

彼女は、有名になり、ファンクラブの会員は2万人(!)を超えた。

しかし、莫大な広告費用はどこから出ているのか?

 

これには、彼女がインタビューで答えている記事がある。

「ヨーロッパからレコードの印税がはいる。それに投資もやってる。

世界に売り出してるアンジェリン・グッズの収益もある。」

彼女はそういうが、謎な部分が多いことも事実。

 

実際のところはどうなのか?

 

今でも謎のようだ。

ネットで探すと出てきますが・・・夢にしときます(笑)


PAGE TOP