※本ページはプロモーションが含まれています ゾンビ 映画

「フォレスト・オブ・ザ・デッド」あらすじ、感想、口コミを紹介します


「フォレスト・オブ・ザ・デッド」です。

木、切るな!!

の叫び声が聞こえそうなパッケージですね。

環境に配慮した映画なんでしょうか??

実は、環境ではなくゾンビ樹液のためだった!!

 

面白ランキング



 

『フォレスト・オブ・ザ・デッド』 予告編

 

フォレスト・オブ・ザ・デッド 』 データ

原題 「Severed」
監督 カール・ベッセ
出演 ポール・キャンベル、サラ・リンド、ジュリアン・クリストファー
公開年月 2005年
製作国 アメリカ
上映時間 95分

 

あらすじ

木材伐採の多国籍企業が、バイオ技術を用いて植林の大幅アップを企てるが、実験は失敗、従業員や環境団体の人々が影響を受けてゾンビ状態となる。

森を舞台に展開する本格ゾンビホラー。わずかに生き残った人々のサバイバルが始まる・・・!

「ドーン・オブ・ザ・デッド」「ランド・オブ・ザ・デッド」に続く、本格ゾンビ映画に新たな傑作が加わる!!

<引用先> アマゾン

 

フォレスト・オブ・ザ・デッド 』 感想・レビュー

あの「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「ランド・オブ・ザ・デッド」に続く本格的なゾンビ映画らしいです(笑)

ほんまかいな。

また、Z級ゾンビ映画なのかなと、期待せずに視聴。(失礼?!)

と思いきや、ちゃんと真面目に作ったゾンビ作品でした。

 

大量の森林伐採を行う多国籍企業の林業会社。

当然、環境保護団体からバッシングを受けるがおかまいなし。

逆に、バイオ技術を用いて、さらに伐採量を増やそうとするのだが、これが失敗し、人々がゾンビ化してしまう・・・

何とこの映画、「環境問題ゾンビホラー」なんですよ!!

 

内容的にも、感染源もはっきりしてて理解できるし、人間たちの心理描写なんかもしっかり描いています。

そうなんです、ストーリーがなかなか面白いんですよ。

また、ゾンビもしっかりグロイです(笑)

でも、ここはゾンビ映画としては大事なんですよね。

ゾンビが安っぽいと作品の質が落ちちゃうんですよね。

グロやスプラッター描写は抑え気味ですが、なかなか見れる出来栄えです。

途中で飽きることもなく、最後まで楽しく見ることができました。

ただ、ここ!っていう強みが薄いかなって印象です。

もう少し、「フォレスト・オブ・ザ・デッド」ならではの味付けがあれば・・・

ゾンビ映画好きなら見て損はないかもね。

評価 

created by Rinker
¥450 (2024/05/28 19:48:17時点 楽天市場調べ-詳細)

 

「フォレスト・オブ・ザ・デッド」口コミ・評判

コメントにカーターが嫌いだとか鬱陶しいとかの記述が多いけど、裏を返せば彼の印象が一番強いという事じゃ無いでしょうか?それはつまり彼の配役は成功したという事。実際彼がいなければ、この映画は成立しない。営林署を舞台にして撮影許可もおりやすく、オープンスペースに森の中という昼間でもジャンプスケア用の死角も作りやすい。重機や伐採機具などスプラッタ対策もバッチリ。でも一番面白かったのは、プロテスターがデモンストレーションでチェーンで自ら縛った木から逃れられず喰われるところ。自分達で外せないぐらいガチで縛る意味ある?そもそも現場よりも直接会社に乗り込んで抗議した方がニュースバリューはあると思う。

引用先 Filmarks

まともです。まともなゾンビ映画です。
クオリティがちょっとだけ低いだけ!

引用先 Filmarks

カニバリズム信奉者ではありませんが、好きなんですね〜“ゾンビ映画”。

巨匠ロメロの「ゾンビ」(78)に衝撃を受けて以来、数々のゾンビ映画を観て来ましたが、「おっ」と思える作品に出会えることは実に少ないです(ただし巨匠の新作「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」(07)は久々の傑作でしたが)。

もちろん劇場未公開&DVD直行作品となると、目も当てられないのがほとんど。そんな中、この作品は“意外と”できてる方だったと言えるかもしれません。

いろいろな方も書かれてますが、確かに本作の脚本は“意外と”ちゃんとしてたと思います。エコだけでなく、生存本能むきだしの人間の姿とか、不条理な現実を前に人がいかに狂気に駆られるかなどなど。

もちろん細かい突っ込みどころは山ほどありますが、掃いて捨てるほどあるダメダメゾンビ映画に共通する“あなたも10分で書ける脚本”ではなく、それなりに中身が詰まってましたので(ラストの賛否両論も納得)。

スプラッター描写は簡単メイク&血糊というチープなものですが、それを補うかのようにアクティブなカメラワークと思わせぶりなアングルが、まずまずの緊張感を漂わせてました。粒子を荒く調整した映像のザラつきも、森に充満する湿度のウェット感と、いい感じのギャップを与えて印象的でしたし。

7泊8日レンタルなら文句はないゾンビ映画ではないでしょうか(笑)。

引用先 Amazon

 

 

映画見るなら下記がおすすめ


アマゾンプライム

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】

【TSUTAYA DISCAS】

 

 

応援お願いします!!↓


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

セイ

ゾンビ映画をこよなく愛する管理人「セイ」です。今まで見たゾンビ映画は数知れず。レビューなどを含めて紹介していきます

-ゾンビ, 映画

ゾンビと映画とエトセトラをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む