【ゾンビ】トム・サビーニ主演の「チルドレン・オブ・ザ・デッド」

ゾンビ
記事内に広告が含まれています。

ゾンビメイクの第一人者、トム・サビーニ先生が出ているこの作品。

それだけでもみる価値があるってもんです。

しかしながら、評価はいまいち・・・

見ればわかります(笑)

 

面白ランキング



 

【映画】チルドレン・オブ・ザ・デッド (2001) 予告編

 

2001年/アメリカ/90分

原題 Children of the Living Dead

監督 トー・ラムシー

出演  トム・サビーニ/マーティン・シーフ/ダミエン・ルヴァラ/ジェイミー・マッコイ

あらすじ

連続殺人犯でレイプ犯のアボット・ヘイズは死体安置所から姿を消し、故郷を襲うゾンビのリーダーとなった。それから14年後、ある男が独立するために地元の墓地から遺体を移してしまった。

遂にアボットのが蘇り攻撃を開始してしまう。

引用先 Wikipedia

 

もうね、トム・サビーニ主演以外見るところがない(笑)

しかし、制作の布陣は意外にすごいんです。

ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に参加していた、ジョン・A・ルッソやB・ハインツマン。

そして、トム・サビーニ。

これだけ見れば、ちょっと期待しちゃいませんか??

でも、遅い演出、迫力無いバトルなどなど、ダメゾンビ映画になっております・・・

 

「チルドレン・オブ・ザ・デッド」口コミ・評判

映画はナイト・オブ・ザ・リビング・デッドに似ているけど物語はそんな酷くない。トム・サビーニはカッコいいけどいい加減仕事選べよね。

トムサビーニが出演しているので、それなりに期待したのですが、あまりに作りが雑然としていてガッカリでした。そもそもゾンビ映画なのに、人食いシーンがありません。だいいちゾンビの親玉(?)アボットヘイズが、しょっちゅう出演(しかも1人だけ異様に強い)し、そいつの視点で物語が進行する部分も所々あって、さっぱり緊張感がありません。だいいち、アボットヘイズと死人が蘇る現象の関連性の説明もありません。
また、最後にバトルシーンもありますが、夜の野外で見難いし、これがいまひとつ盛り上がりません。せめてもの救いは、冒頭部のトムサビーニのアクションシーンだけです・・

 

 

映画見るなら下記がおすすめ

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

アマゾンプライム

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

応援お願いします!!↓


人気ブログランキング

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました