人気記事

【ゾンビ】ウンベルト・レンツィ監督のゾンビ映画「ナイトメア・シティ」


ウンベルト・レンツィ監督のエロ・グロホラー映画です。

『ゾンビドローム』や『吸血魔の街』などの邦題もあるようです。

「人喰族」を撮った監督ですので内容は想像できるかと・・・

芸能人の最新ニュース





『ナイトメア・シティ』 予告編

1980年/イタリア、スペイン/92分

原題 Incubo Sulla Cittá Contaminata、Nightmare City

監督 ウンベルト・レンツィ

脚本 ピエロ・レニョーリ/アントニオ・チェザーレ・コルチ/ルイス・マリア・デルガド

出演者 ヒューゴ・スティグリッツ/ラウラ・トロッター/マリア・ロザリア・オマジオ

 

あらすじ

レポーターのディーン・ミラーは、原子力発電所で発生した放射性物質漏えい事故についてその設計者である核物理学者ハーゲンベック教授を取材するため、空港に向かう。

しかし、空港に到着した軍用機から降りてきたのはゾンビ化した人々だった。ゾンビたちは、駆けつけた警察から武器を奪って次々と殺害すると、都市の中心部に移動しながら市民を襲っていく。市民にゾンビのことをテレビで伝えようとするミラーを、マーチソン将軍が市民の混乱を理由として阻止するなか、ゾンビはテレビ局に押し寄せて局内の人々を襲っていった。ミラーはテレビ局から脱出し、妻で医師のアンナを救おうと病院へ向かう。しかし、病院にもゾンビが現れて患者を襲っていく。アンナを見つけたミラーは、車に乗り2人で逃げることにした。

空港で射殺された死体を分析した結果、ゾンビは放射線の影響により異常に身体能力が向上した人間であり、壊れた赤血球を補充するために血を求めて人を襲い、さらに感染していくことまで判明した。ところが、ゾンビ化した当初は普通の人間と見分けがつかないため、軍の対応は後手後手に回った。発電所などのインフラは次々に破壊されて空軍基地も制圧され、状況は絶望的に悪化していく。

引用先 Wikipedia

このころのゾンビ映画は、放射能の漏洩が原因のものが結構あります。

この「ナイトメア・シティ」もそうです。

しかしながら、「食人族」にインスピレーションを受けて「人喰族」を作った

監督ですので、爆発しています(笑)

展開はかなりスピーディなので見ていて楽しいです。

走るゾンビを出した最初の映画ともいわれています。

評価も高いんで見ていて損はないと思います。

 

撮影中に目が・・・

映画見るなら下記がおすすめ

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

アマゾンプライム

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

ゾンビ, 映画

Posted by kazu


PAGE TOP