人気記事

【ゾンビ】ルチオ・フルチのゾンビシリーズ第3弾!「ビヨンド」


「サンゲリア」のルチオ・フルチ監督のゾンビシリーズ第3弾

もうフルチワールド全開の作品です。

描写はグロいですが、ストーリーは複雑怪奇です。

芸能人の最新ニュース





ビヨンド

1981年/イタリア/87分

原題 THE BEYOND

監督 ルチオ・フルチ

脚本 ルチオ・フルチ/ダルダノ・サケッティ/ジョルジオ・マリウッツォ

出演者 カトリオーナ・マッコール/デヴィッド・ウォーベック/サラ・ケラー/アントニー・セント・ジョン

 

あらすじ

1927年。ルイジアナ州にある「セブン・ドアーズ・ホテル」に滞在していた画家シュワイク(アントニー・セイント=ジョン)が、怪奇現象が発生した原因と見做され村人たちの襲撃を受け、凄惨なリンチの後に処刑された。

それから54年後。叔父の遺産として、閉鎖されていたセブン・ドアーズ・ホテルを相続したライザ(カトリオーナ・マッコール)は、営業再開に向けて改修工事を進めていた。しかし、塗装工が原因不明の転落事故に遭って重傷を負ったのを皮切りに、ライザにホテルから去るように警告する盲目の女性が現れるなどの奇妙な出来事が相次ぎ、工事は思ったように進まない。ついには、ホテルの改修を勧めたコンサルタントや配管工やその妻、小間使いの女性も次々と謎の死を遂げていく。

実は、現世と地獄をつなぐ7つの門が存在しており、その門の一つがこのホテルの地下にあり、外ならぬその番人がシュワイクだったのである。ライザと相談を受けた医師のジョンがホテルの地下へ降りると、彼らの目の前で地獄の門は崩壊し始めた。ジョンの勤める病院に逃げ込んだ二人であるが、そこでも次々に蘇った凄惨な姿の死者が襲い掛かる。

引用先 wikipedia

 

ルチオ・フルチ先生の最高傑作とも言われるこの作品。

しかしながら、賛否両論の作品でもあります。

その原因はストーリーの難解さ。

「邪悪なものが復活し、人々に襲いかかり惨劇が起こる」

ただこれだけの話なんですが、ゴアシーンを追求しすぎた結果

ゴアシーンのためのストーリー展開になってしまっています。

まあ見ていると、突っ込みどころも満載です(笑)

でも、なんもいえない雰囲気を持つ映画でもあります。

結構、グロイシーンも多いんで、そこは覚悟してください。

 

ルチオ・フルチ先生の他の作品

サンゲリア

地獄の門

 

ダンスパフォーマーで1億

映画見るなら下記がおすすめ

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

アマゾンプライム

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

ゾンビ, 映画

Posted by kazu


PAGE TOP